ホコリは、喘息は?

バシーマは非常にホコリが少ないです。なぜでしょう。パシーマの中綿はもともとホコリが少ないのです。ホコリとは短繊維です。安価な綿混布団には綿の中にもともと短繊維(ホコリ)が混入しているものがあります。だから新品でもたたけばホコリが出る訳です。パシーマに使っている脱脂綿は、使い捨てではないので、長い繊維ばかり使っています。機械でも切れにくく加工してあります。破れた時、またはサンブル片から中綿を取り出していただければわかります。

また、ガーゼもタオルなどに使われている20番手の半分の細い40番を使用し、糸からのホコリも少なくなっています。なぜなら艮い繊維でないと細い糸はひけないからです。さらに、組織が単純な平織りになっていて、パイルのようにループがなく、ループ部で撚りがゆるんだところからのホコリもありません。
赤ちゃんにパシーマを使ってみると指のまたに綿ボコリが少ないことでよくわかります。少しずつ、擦れたりして発生する綿毛は洗濯で常に洗い落とされます。当然、通常の使用で室内のホコリをキャッチし洗濯で洗い流すことで、いつの間にか室内のホコリも少なくなります。かくして、喘息の方にもハウスダストを吸引することが減り、快方に向かう方もおられます。お客様から、パシーマを使うようになって、テレビの画面に着くホコリが減ったともいっていただきました。