ホコリは、喘息は?

バシーマは非常にホコリが少ないです。なぜでしょう。パシーマの中綿はもともとホコリが少ないのです。ホコリとは短繊維です。安価な綿混布団には綿の中にもともと短繊維(ホコリ)が混入しているものがあります。だから新品でもたたけばホコリが出る訳です。パシーマに使っている脱脂綿は、使い捨てではないので、長い繊維ばかり使っています。機械でも切れにくく加工してあります。破れた時、またはサンブル片から中綿を取り出していただければわかります。

また、ガーゼもタオルなどに使われている20番手の半分の細い40番を使用し、糸からのホコリも少なくなっています。なぜなら艮い繊維でないと細い糸はひけないからです。さらに、組織が単純な平織りになっていて、パイルのようにループがなく、ループ部で撚りがゆるんだところからのホコリもありません。
赤ちゃんにパシーマを使ってみると指のまたに綿ボコリが少ないことでよくわかります。少しずつ、擦れたりして発生する綿毛は洗濯で常に洗い落とされます。当然、通常の使用で室内のホコリをキャッチし洗濯で洗い流すことで、いつの間にか室内のホコリも少なくなります。かくして、喘息の方にもハウスダストを吸引することが減り、快方に向かう方もおられます。お客様から、パシーマを使うようになって、テレビの画面に着くホコリが減ったともいっていただきました。

 

アレルギーに

パシーマやサニセーフには元来蛋白質であるアレルゲンは含んでおりません。しかし、使用によって、室内や他の寝具から、あるいは皮膚などの破片から増えることがあります。そこで、一番有効な対策は、洗濯することです。パシーマ・サニセーフはドンドン洗えます。約100回程度は大丈夫です。原因物質が、洗濯
でドンドン洗い流されること、もともと、生地に害のあるもの(アルカリ、糊、仕上剤など)が付着していないことで、発症をおさえることができます。

パシーマヽサニセーフはエコテックスクラスIを取っており、安全を証明しています。・少なくとも使用しても害がありません。なぜなら、医療用のガーゼ
脱脂綿を使っているからです。染色も気にされる場合は、白がございます。これが医療用と同じ上がりです、もちろん蛍光増白剤も仕上剤も使っておりません。
週に1回以上洗うことで、アレルゲンを洗い流し、減少させます。これは、単にダニを通さないという方法と違って、寝具の基本である通気性と吸湿性を妨げず、むしろ、良好な睡眠をとることができ健康になります。例えば、首筋ならベビー用をそこにあてがい、毎日洗濯して行く事で発症しなくなった事例もあります。喘息なら、寝具の洗濯を2~3日ごとにすること、パシーマを少し顔まで掛けることも有効かもしれません。お試し下さい。
朝洗濯して干せば、その日の夜には使えます。お試しいただく価値はあると思い、おすすめします。

はだか睡眠健康法

パシーマを使ってはだかで寝る健康法をおすすめします。肌が強くなり、内臓まで丈夫になります。何より、肌が気持ちよいものです。思い切って、今晩お試しなりませんか。
太ももの根元、昼間に締め付けられたベルトの下、パンツのゴムで締め付けられたおなかをさすってみてください。サラサラでふやけた肌が生き返るようです。丸山淳二先生によればヽ産婦人科に来る方の半分くらいは、パンツはかなければヽ来なくていい方だとか。締め付けることでヽ皮膚温が下がります。寝るときくらいはヽ 自然の状態に戻してみてはいかがでしょうか

寝返りについて

人は、一晩に数十回の寝返りを打つという方がおられます。睡眠の研究では、脳波が、一つの指標になりますが、この寝返りを含む体動もよい睡眠の指標の。‐つとして研究されています。実際、私の睡眠中の温度、湿度を測定した折、体動したら、隙間風が入って温度・湿度のグラフが変わるのですが、平坦なままのものがありました。
仮説ですが、体動は、寝具が悪くて、蒸れて、無意
識に体を動かすことで、空気を入れ換え、蒸れを解消しているのではないでしょうか。パシーマ、サニセーフを使って、寝返りが増えるか、減るか体感してくだ
さい。